想像を超える靴と出会えるお店

靴のご相談・お問い合わせ

News

お知らせ

合う靴が見つからない方の靴選び   1万件以上の足を見てきたシューフィッターからのアドバイス。

「なかなか合う靴が見つからない」とお悩み方の足を計測すると、ほぼ100%の方が自己申告サイズと実際の足のサイズが異なっているんです。と言うのも、健康診断で身長、体重なんかは計測しますけど、足を測った経験のある人などほとんどいないからです。

また、足は長さだけではなく幅や甲の高さも人によって千差万別です。足の傾きや筋肉の強弱によっても合う靴が違ってきます。ここまで自分の足について知ることができれば、きっとあなたに合った靴を見つけることができます。

 

*まずはシューフィッターによる足の計測がお勧めです。

今はネット通販などで「自分で足を計測するキット」などを利用するケースがありますが、素人が自分で足を測っても正確な寸法を出すことは難しいのです。シューフィッターの資格を得るためには最低でも50人以上の足の計測をしなくては合格できません。(通常は100人以上の足を計測します)

ですので、足の計測は信頼できるシューフィッターのいる靴屋さんで行うのが一番確実です。

足の計測の際に大切なのは正確に足の寸法を知ることだけではありません。足の傾きや骨格や筋肉の特性、体重が乗っているときと、そうではないときの変化についても確認する必要があります。

足の寸法を測るだけでしたら現在は機械(スキャナー)で正確に計測することができますが、足の変化については経験を積んだシューフィッターなどのプロに及びません。

出来れば靴のプロによる計測をするのがお勧めです。

シューフィッターのいる靴屋さんは認定機関のFHAのホームページで簡単に見つけることができます。

 

*FHA(足と靴と健康協議会)シューフィッター検索ページ

https://fha.gr.jp/search

 

 

*日本だけ靴選びの基準が違う?

世界中で日本だけが靴選びの基準が違っていると言われています。他の国では「快適に歩けること」が第1の基準ですが、日本だけ着脱の簡易さが靴選びの1番なのです。簡単に脱いだり履いたりできる靴は、簡単に脱げてしまい歩きにくい靴でもあります。しっかりと紐やベルトで足を固定させて靴を履く時間はわずか30秒ほど。その靴を履いて外出する時間は数時間。日本人は30秒を優先して外出の数時間を犠牲にしているため靴を原因とする足のトラブルが多いという学説もあります。

「そうは言っても、外国人は一日中靴を履いているけど、日本は靴を脱いだり履いたりする回数が多いんだ!」って言う方も多いかと思います。これも誤解で、日本以外にも玄関で靴を脱ぐ文化の国はたくさんあります。彼らは一日中同じ靴を履いているのではなく、外出時と家の中にいるときに靴を履き替える文化の国も多いのです。

もちろん外国人も靴ひもを締めるのは面倒なのは同じです。(同じ人間ですものね)ですので、家の中では着脱な楽なスリッポンなどを履いているのです。

それでも靴ひもを結ぶのが面倒な人は、ファスナーやマジックテープなどで簡単に着脱ができる靴をお勧めします。こうして靴選びの基準を「歩きやすさ優先」に変えるだけで「なかなか合う靴が見つからない」と言う悩みの多くを解決することができるのです。

 

*「お洒落な靴は足を痛める」の誤解・目に見えない部分にこだわった靴

「お洒落なパンプスを履きたいけど、足を痛めるから諦めている」「私の足にはパンプスは合わない」と言うご相談が寄せられます。

確かにスニーカーやウォーキングシューズに比べるとお洒落な靴は歩きにくいのを否定はできません。パンプスなどのお洒落な靴はフィッティングが難しいのも確かです。でも、適切な靴選びをすればお洒落な靴でも足にピッタリっとあって快適に歩けるものがあるのです。

まずは前出の通りシューフィッターなどの靴のプロに足を計測してもらい、そのうえで靴選びをすると快適に歩けるお洒落な靴が見つかる可能性が高くなります。

そして、同じように見える靴でも目に見えない部分までしっかり作られた靴を選ぶようにしてください。快適に歩ける靴は、踵周りのカウンターと言われる芯材や、靴底のシャンクと言われる部品など目に見えない部分が丈夫に作られています。また、靴のウエストと呼ばれる(足の土踏まずの部分)場所ができるだけ絞り込まれた靴が快適に歩ける靴です。

こうした目に見えない部分をしっかり作りこむと製造原価が高くなってしまいます。逆に安く作ろうと思ったら、こういったところに手抜きをすれば見た目は美しく、お手頃な価格(しかも利益も出る)靴が出来上がるのです。一般的に販売されている靴の多くは残念ながらこういった靴です。

「会う靴がなかなか見つからない」と言う方は「今までパンプスであったものはなかった」と諦めず、ぜひ靴のプロのいるお店で見えない部分までしっかり作りこまれているかまで注目して靴選びをすることをお勧めします。きっとピッタリと足に合った歩きやすくお洒落なデザインの靴に出会えるはずです。

 

 

*男性も外反母趾が多い?「ヒールが外反母趾の原因」と言う誤解

外反母趾に悩む男性が何人もいらっしゃいます。多くの方は恥ずかしそうに「実は外反母趾なのですけど」と相談に来られます。中には「僕はマニアではありません」って予め断りをいれる人もいます。

これは「外反母趾の原因はヒールの高い靴」と言う常識の誤解から来ているんです。

確かに高いヒールの靴は外反母趾の原因の一つと言われていますが、現在の学説では別に原因があると思われています。自分の足に比べて大きすぎる靴が一番の原因と言う医師もいます。

大きすぎる靴を履いていると足指の筋肉を使わずに歩行をすることになります。その結果、足裏の筋肉が衰え、更に左右のぐらつきが出てしまうことが外反母趾になってしまう大きな要因と言うのが現在の学説の主流です。

日本人は歩きやすさよりも脱ぎ履きの簡便さを靴選びの基準としているため、どうしても大きな靴を選びがちです。更に靴ひもを締めずに履く人が多いのも特徴です。こうした靴を履いていると外反母趾になりやすくなってしまうのです。

何度も述べますが、足を正確に計測し自分の足にピッタリの靴を履くことで、外反母趾の多くを防ぐことができるのです。

そして、不幸にも外反母趾になってしまった場合でも、足にピッタリの靴を履くことで快適に歩くことができるようになります。